閉じる
  1. トップページ >
  2. コンサルタント検索 >
  3. 株式会社ザンシンコンサルティング >
  4. コラム >
  5. 企業再生の大まかな流れ
コンサルタントメインイメージ

コラム

企業再生の大まかな流れ

このセミナーをマイリストに追加

登録日 2011/07/04
テーマ M&A、経営戦略、企業再生
これまで企業再生の概要について書いてきました。

ここからは、具体的な手順を説明したいと思います。

まずは、どのようにして企業再生活動に入るのか・・・です。

・自発的に、企業倒産防止のために、企業再生活動に入る・・・
・金融機関などに背中を押されて活動に入る・・・

これまでの事例はほとんど、後者です。

自発的に活動するとなると、どんな状態で決断するのか、があいまいですし、
自力で経営しているわけですから、経営活動は連綿としているというわけで、
そんな会社に訪ねて行っても、「何かようですか」と言われてしまいます。

こちら側も件数をこなしてくると、ああ、だめだろうな、というものがわかります。

さて、手順。

いずれにせよ、経営者が再生活動をするのか決めなければ、何も始まりません。

・経営者の再生意思決定

そして、どんな手段をとるかです。

一口に再生といいましても、私的整理、公的整理、法的整理などありますし、
事業をあきらめるとなれば、清算となります。

ここでは、あくまで、私的整理もしくは公的整理(公的機関を活用して)について
述べていきます。

・企業再生を私的整理で進めたいと意思決定

これが自力再生です。

・公的機関を使って再生すると意思決定

企業再生支援機構、中小企業再生支援協議会などを活用しながら再生を図るものです。

・意思決定後、アドバイザーを活用する方針を決める

アドバイザーがいなければ、その後の進捗や企業再生自体が滞るでしょう。

・企業の調査・・・デューデリジェンス

これは、ビジネス面、財務面、法務面から行われます。通常2-3か月かかります。

・計画(施策)策定

企業再生計画書作成は、事業プラン、財務プランを3か年程度、施策実施プランも。
この作業が2-3か月。

・計画承認

公的機関を活用しているならば、再生妥当性が可否判断されます。これが2-3か月。

・再生実施

3年

どうでしょう。

計画作るまで6か月程度かかることが普通です。

逆に1か月でできてしまったら、机上の賜物ですよね。


信用金庫様等の金融機関に訪問した折に実情を聞いてみますと、
多くの中堅中小企業が、金融円滑化法に基づいて計画書を突貫工事で
作成し、現実とのギャップが相当出てきているとのことです。

さらに、実現が困難な施策も。


今後、一時凌ぎがすぎた後の実行成果が非常に心配です。

関連セミナー

株式会社ザンシンコンサルティング 【ビジネスコンサルタント】

ZanshinConsulting

マイリストに追加

事業形態 法人
所在地 東京都渋谷区東1-32-12渋谷プロパティ東急ビル
メッセージ 重要なのは「計画書を作ること」ではなく、「実現できる計画を立て、それらを実現させること」
ザンシンのコンサルタントは、お客様の経営現場に入り込み、徹底的な実行支援を行っています。

このコンサルタントに問い合わせる

ようこそ ゲスト さん

ログイン

ログインI D(メールアドレス)
パスワード

ていけいBank

コンサルペディア経営に特化した参加作成型百科事典

事務局へのお問い合わせはこちら。お気軽にご相談ください。